Two-Minute Tuesday - COVID-19は食べ物から摂取できますか?

パンデミック以降、生活は大きく変わりましたが、CDCは 、感染拡大を防ぎ、健康を維持するために、社会的距離を置く、熱心な手洗い、マスクアップ、COVIDテストといった日常の安全対策の基本プロトコルを引き続き推奨しています。予防策を実行しても、食べ物で病気になることはあるのでしょうか?感謝祭を目前に控えた今、この疑問にきっぱりと答える良い機会だと思います。COVID-19ウイルスはどのように広がり、私たちはどのように汚染を防ぐことができるのか、見ていきましょう。

私たちが知っていること

コロナウイルスは、呼吸器系の飛沫によって人から人へ感染することが知られています。ウイルスの拡散を食品との関連に関連付ける証拠はありません。実際、ウイルスを摂取しても、胃の酸性環境下では不活性化されたままであることが研究により示されています。そのため、ウイルスが消化管に移行して病気を引き起こす可能性は低いと考えられます。したがって、感染性と食品に関しては、包装そのものがより危険である傾向があります。それでも、COVID-19は表面での生存率が低いため、中程度の温度で保存された製品からの感染の可能性は非常に低く、冷蔵や冷凍されていた場合はさらに低くなります。感染経路は、感染者との密接な接触であることに変わりはないので、標準的な安全対策を実践してください。

どうすればウイルスを殺すことができるのか?

COVID-19は、食品の包装をよく洗うことで死滅させることができますので、たとえ汚染されていても、ウイルスを不活性化したり除去したりするのは遅くはないのです。コロナウイルスは高温で死滅させることができます。温度と湿度の両方で、スピーディーにウイルスを不活性化します。アルコール系の洗浄剤や消毒剤は、食品の包装に使用することができますが、洗浄剤で製品自体を汚染しないように注意してください。

日常生活への取り入れ方

一般的な安全対策を行うことが、やはり一番の予防になります。食品を準備したり、食べたりするときは、必ず石鹸と水で20秒以上手を洗うと、最も効果的な予防になります。果物や野菜は、食べる前や調理する前に、すべてお湯で洗いましょう。食品を洗うのに石鹸や消毒剤を使わないでください。これらは人間が食べるために作られたものではないので、食品を調理するのには安全ではありません。
風邪とインフルエンザ(およびその中間)の季節がやってきました。感染したと思われる方、または症状がある方は、お近くのコビドクリニックでCOVID-19とインフルエンザ検査をお受けになりましょう。検査は場所によって異なる場合があります。

まだご質問はありますか?

混雑した待合室や大変な病院、冷たい診察台はもう古い。ルメでは、遠隔医療、ドライブスルー、ポップアップなど、必要な時に必要な場所で、あなたの条件に合ったケアを提供します。迅速な結果と信頼できる洞察を得ることができます。

気をつけよう

発送の遅れのため、「1-2日(日曜日を除く)」と「$0診断テスト」のPCRテストは、結果時間が遅れますので、ご注意ください。出張検査が必要な方は、Rapid PCR Testの購入をお勧めします。